石破茂氏、旧統一教会への対応「明確化求める」 自民の基本方針巡り

自民

大久保直樹
[PR]

 自民党鳥取県連は22日、鳥取市の党県連会議室で常任総務会を開き、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」との関係や、来春の統一地方選に向けた対応を話し合った。

 終了後に報道陣の取材に応じた石破茂県連会長によると、教団との関係については、「社会的に問題が指摘されている団体との関係は一切もたない」などとした党の基本方針をあらためて確認したという。

 一方、出席した地方議員からは「問題のある団体をどう区別するのか」「関係とはどこまでの行為を指すのか」といった意見が相次ぎ、石破氏が、党の基本方針の細部をより明確化するよう党執行部に求めていく考えを示したという。

 石破氏は取材に「法的な検討もきちんと加え、曖昧模糊(あいまいもこ)とした判断の余地が多分にあるようなことはよろしくない。党として決めてくれ、というご意見が多数あった。これを踏まえて県連会長として、自民党総務として、執行部にきちんとただしていきたい」と述べた。

 また、報道機関のアンケートで、教団と所属県議の関わりが明らかになったことについて、石破氏は「報道機関も県民の信頼が厚い報道機関であり、それに対して不誠実な回答をするわが党所属の県会議員がいたとは思っていない」と述べ、現時点で県連としての調査は行わない意向を示した。(大久保直樹)

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]