「優秀な銀行員」が…顧客だまし8555万円着服 滋賀銀が発表

有料記事

鈴木洋和
[PR]

 滋賀銀行は22日、勤務していた行員の男性(35)が顧客をだまして現金8555万円を着服していたと発表した。同行は21日付で男性を懲戒解雇処分にした。

 同行によると、男性は外に出て取引先を回る「渉外係」だった。2016年11月から22年6月にかけて、大阪支店、京都支店、滋賀県の水口支店に勤務。20の顧客から計8555万円を着服した。

 顧客を訪問し、定期預金の新規開設と預け入れを依頼。普通預金当座預金の通帳などを預かって現金を引き出し、定期預金を開設せずに着服するなどしたという。

 8月19日、顧客から京都支…

この記事は有料記事です。残り186文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!