プーチン氏動員令、抗議や出国続く ゼレンスキー氏「ロシア処罰を」

有料記事ウクライナ情勢

ロンドン=和気真也、ニューヨーク=下司佳代子、遠田寛生、軽部理人=サンパウロ、玉川透
[PR]

 ロシア各地で21日、プーチン大統領ウクライナ侵攻の兵員補充のため同日署名した予備兵の動員令に抗議行動が広がった。人権団体「OVDインフォ」によると、モスクワ時間の22日午前0時半までに1400人近くの市民が当局に拘束された。一方、ウクライナのゼレンスキー大統領は国連総会の一般討論向けビデオ演説で、国際規範を侵して同国へ侵攻したロシアには処罰が必要だと訴えた。

 プーチン氏はモスクワ時間の21日朝、ビデオ演説で「部分的な動員令」の発動を発表。直後にショイグ国防相は約30万人を招集する考えを示した。

 これに市民団体がSNSで抗議を呼びかけると、極東地方やシベリア各地で人々が集まり始め、時間がたつにつれモスクワなどにも広がった。独立系メディア「メドゥーザ」などの報道によると、当局の取り締まりを避けるため、プラカードなどを持たずに単に中心部に集まるだけの抗議活動も多かったが、警察は参加者を次々と拘束した。

 OVDインフォによると地方…

この記事は有料記事です。残り1881文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    服部倫卓
    (北海道大学教授=ロシア・東欧)
    2022年9月23日10時44分 投稿
    【視点】

    私は運動神経が悪いし不器用なので、戦場に送り込まれたら秒で撃たれて死ぬ自信がある。それでも愛する人や郷土を守るためなら銃をとるのにやぶさかでないが、外国でいかがわしい戦争をするために徴兵されるのは御免だ。ありとあらゆる手段を使って徴兵逃れを