保管期限切れのワクチン、412人に誤って接種 在庫確認時に判明

大平要
[PR]

 浜松市は22日、市内の医療機関が冷凍状態での保管期限が切れた新型コロナウイルスワクチンを、誤って412人に接種したと発表した。市健康増進課は同日、医療機関から報告を受け、事故の検証や再発防止策について指導した。

 同課によると、誤接種があったのは市内の1医療機関。8月22日から9月21日に、最長14日間とされている冷凍状態での保管期限を、1~20日過ぎていたという。医療機関が、21日の在庫確認で誤接種に気づいた。医療機関は今後、対象者に郵送や電話で謝罪、説明し、専用電話で健康被害などへの相談に対応するという。(大平要)