ボーイング前CEOに罰金1.4億円 連続事故で「投資家欺いた」

ニューヨーク=真海喬生
[PR]

 米証券取引委員会(SEC)は22日、米航空機大手ボーイングの小型機「737MAX」の連続墜落事故をめぐり、同社が2億ドル(約280億円)、当時のデニス・ミュイレンバーグ最高経営責任者(CEO)が100万ドル(約1・4億円)の罰金をそれぞれ支払うことで和解合意したと発表した。

 SECのゲイリー・ゲンスラー委員長は声明で、「(会社とCEOは)737MAXの安全性に重大な懸念があることを知りながら、安全であると請け合い、投資家を欺いた」と指摘した。737MAXは2018年10月にインドネシアで、19年3月にエチオピアで墜落事故を起こし、計346人が死亡した。

 SECによると、同社とミュイレンバーグCEOはインドネシアでの事故後、操縦ミスや機体の整備不良が墜落につながったと「選択的に強調」したプレスリリースを発表。社内で航空機の安全上の問題を検証していることを公表しなかった。エチオピアでの事故後にも、機体制御システムを当局が認証した過程を疑問視する声があったのに、問題ないと説明していた。

 SEC幹部は声明で、「二つの悲劇的な事故の後、ボーイングとミュイレンバーグ氏は会社のイメージを回復するため安全性について投資家に誤解を与え、人よりも利益を優先した」と批判した。(ニューヨーク=真海喬生)