作曲家の彩木雅夫さん死去 「長崎は今日も雨だった」「花と蝶」

定塚遼

 「長崎は今日も雨だった」「花と蝶(ちょう)」など、数多くのヒット曲で知られる作曲家、彩木雅夫(さいき・まさお=本名新居一芳〈あらい・かずよし〉)さんが16日、肺炎のため死去した。89歳だった。葬儀は近親者で営んだ。

 北海道帯広市出身。独学で作曲を学んだ。北海道放送のディレクター時代に、ジャッキー吉川とブルーコメッツ「愛の終りに」で作曲家としてデビュー。森進一「命かれても」「花と蝶」「年上の女」などでヒットを連発した。

 69年には内山田洋とクールファイブ「長崎は今日も雨だった」「逢(あ)わずに愛して」が大ヒット。その後も殿さまキングス「なみだの操」、五木ひろし「港の五番町」など、ムード歌謡や演歌のジャンルで数多くの流行歌を世に送り出した。

 近年は、音声合成ソフト・ボーカロイド(ボカロ)を用いた曲作りに取り組み、ボカロの初音ミクを使った作品を次々とリリースし、話題を呼んでいた。

 お別れの会(音楽葬)は11月3日午後1時から、札幌市中央区南10条西3の1の1の札幌パークホテルで開く。喪主は長男弘章(ひろあき)さんと長女の蛯子有香(えびこ・ゆか)さん。(定塚遼)