ブルーインパルスに歓声 長崎駅上空で西九州新幹線開業の祝賀飛行

藤原泰子
【動画】ブルーインパルスが長崎駅上空で祝賀飛行=取材班撮影
[PR]

 佐賀県長崎県を結ぶJR九州西九州新幹線が開業した23日、航空自衛隊の飛行チーム「ブルーインパルス」が午後1時半ごろから、長崎市の上空に飛来し、開業を祝う展示飛行を行った。

 あいにくの雨で、展示飛行の内容は予定していた9種類から減ったものの、傘とスマホを構えて待っていた人たちからは歓声が上がった。

 ブルーインパルスをひと目見ようと、市内の長崎港近くにある水辺の森公園には、1万人を超える人が集まった。途中、上空で鳥が5羽飛んでいるのをブルーインパルスと見間違える人もおり、見物の人々から笑いが漏れる場面もあった。

 ずぶぬれになりながら空を見つめていた米倉智幸さん(45)は、長崎県諫早市から友達と3人で来た。航空ファンで、ブルーインパルスの展示飛行を見るのは5回目だが、雨天は初めて。それでも「中止にならなくてよかった」と喜んだ。この日は長崎に泊まり、あす西九州新幹線で諫早に帰るという。

 展示飛行があった時間帯には、同公園近くの県美術館の屋上庭園や飲食施設の軒下なども見物する人であふれた。(藤原泰子)