東大メタバース工学部スタート 設立式典は仮想空間 参加はアバター

有料記事

編集委員・宮坂麻子
[PR]

 東京大学の「メタバース工学部」の設立記念式典が23日午後、安田講堂をイメージしたメタバース(インターネット上の仮想空間)内で開かれた。DX(デジタルトランスフォーメーション)人材の育成を目指す。

 「新学部」は、メタバースの強みを生かし、年齢や居住地域に関係なく学べる。工学系分野に進むことが少ない女子学生の増加にもつなげたい考えだ。

記者サロン「メタバース×教育」で変わる! ~第1回「東大の挑戦」~を10月2日午後2時から配信します。お申し込み・ご視聴は10月30日まで。募集ページはこちら(https://ciy.digital.asahi.com/ciy/11008996 別ウインドウで開きます)。

 アバター(分身)の参加者が…

この記事は有料記事です。残り372文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。