計画から半世紀 西九州新幹線祝賀ムード 未整備約50キロの行方は

有料記事

寿柳聡、長沢幹城、岡田真実、石倉徹也
[PR]

 計画決定から半世紀。長崎県佐賀県を結ぶ西九州新幹線(武雄温泉―長崎)が23日開業し、各地の駅で記念式典が開かれた。駅のホームは祝賀ムードに包まれ、この日を待ちわびた鉄道ファンらでにぎわった。

 夜明け前の午前3時半。長崎駅長崎市)にはすでに鉄道ファンらが200メートルほどの列を作っていた。一番列車「かもめ2号」に乗ろうとする人たちだ。

 午前6時過ぎ。切符を手に入れた乗客らがビデオカメラを回しながら次々と「かもめ」に乗り込んでいく。赤と白を基調にした真新しいN700S。指定席は販売初日に10秒で完売した「プラチナチケット」だ。発車時刻ぎりぎりまで記念撮影をする人の姿もあった。

 東京都から3歳の娘を連れて…

この記事は有料記事です。残り727文字有料会員になると続きをお読みいただけます。