西九州新幹線、「部分開業」と言わない佐賀県 「切なさ分かって」

有料記事

寿柳聡
[PR]

 西九州新幹線は武雄温泉―新鳥栖の整備方式が決まらぬなか、武雄温泉駅で新幹線と在来線特急を乗り換える「リレー方式」でのスタートになった。

 嬉野温泉駅の出発式後、報道陣の取材に応じた村上大祐・嬉野市長は、県が「工事が前提だと誤解される」として避けている「部分開業」という言葉を使い、フル規格での早期整備を唱えた。「部分開業は大きな前進だが、高速鉄道網は、その先の広域なネットワークの中に組み込まれて完成すると思っている。県内ではいろいろ整理する論点があるということなので、協議を注視しながら、いつつながってもいいよう準備を進める」と述べた。

 一方、山口祥義知事は、早朝から開業に沸く武雄温泉駅と嬉野温泉駅の式典をはしごした後、開業により特急が大幅に減便された肥前鹿島駅(鹿島市)での地域イベントに出席。鹿島で報道陣の取材に応じ、整備方式の判断には時期尚早だとの考えを改めて示した。

 山口知事は「きょう、嬉野…

この記事は有料記事です。残り514文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!