イタリアで右翼政権誕生か 「極右」と呼ばれる女性党首が支持率1位

有料記事

ローマ=宋光祐
[PR]

 イタリアで25日、上下両院の総選挙が実施される。世論調査ではファシズムの流れをくむ右翼政党「イタリアの同胞(FDI)」が支持率トップに立ち、右派による連立政権の誕生が有力視されている。メローニ党首(45)が首相に就任すれば、主要7カ国(G7)の一角で「極右」が政権を握ることになるとの懸念も欧州で広がっている。

 「このシンボルは我々の誇り。選挙で『イタリアの同胞』を選んでください」

 選挙戦を約2週間後に控えた8月13日、メローニ氏はツイッターにこうつづり、イタリア国旗と同じ緑、赤、白の3色の炎が台の上で燃えさかるロゴマークを投稿した。

 このロゴは1995年に解党したネオファシスト政党「イタリア社会運動(MSI)」と同じデザインで、一党独裁を敷いたムソリーニの墓の炎を表現しているとされる。

 地元メディアによると、メロ…

この記事は有料記事です。残り1279文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。