秋のイベント続々 瑠璃光寺五重塔 山口市

大室一也
[PR]

 秋の訪れとともに、国宝の瑠璃光寺五重塔山口市)で様々な催しが始まる。仏像などの特別拝観や、幻想的な夜のイベントが予定されている。

 塔の特別拝観は24日から。日中、塔周囲の鉄柵の内側に入って、開けられた塔の戸ごしに内部の阿弥陀如来像、大内義弘公座像、須弥壇(しゅみだん)、心柱を観覧できる。11月27日までの土日祝日(11月3日を除く)に開催。中学生以上1千円。詳細は同寺資料館(083・924・9139)。

 24日夜には、塔周辺の散策路を約1千個のフローティングキャンドルでライトアップする催し「山口ゆらめき回廊」(山口市主催)がある。午後7時と同8時半の2回、打楽器と尺八のユニット「sama―sama」による無料コンサートも。問い合わせは、大路ロビー(083・920・9220)。

 また、10月8、9日の夜、シャボン玉で秋の夜を演出するイベント「泡浮瑠」がある。大内弘世公之像周囲でシャボン玉が上がり、幻想的な夜景を楽しめる。有料観覧ゾーンは前売り大人800円、中高生300円。問い合わせは山口タレント図鑑事務局(090・1688・7721)。(大室一也)