羊の放牧「それならできる」 モンゴル人青年、地域に支えられ再出発

有料記事

三浦英之
[PR]

 「ピュルル~」。岩手県滝沢市の岩手山のふもとに広がる草原で、涼やかな風に混じって羊飼いの口笛が響く。モンゴル人のラオグジャブ・ムンフバットさん(36)は、地域の人に支えられながら羊の牧場経営を続けている。

 モンゴルの首都ウランバートルから西に約1千キロ離れた草原で、遊牧民の子として生まれた。季節が変わる度にゲル(家)を移動し、馬に乗って水をくみに行ったり、羊や牛を育てたりして暮らした。

 「小さいころは馬よりも自転車がほしくて。祖父と市場に行き、カシミヤの毛と自転車を物々交換してもらいました」

 小学4年生からはウランバートルに引っ越し、勉強に励んだ。中学生の時、ソニーの創業者の一人、故・盛田昭夫氏の著作を読み、優れた製品を作り出す日本の技術に憧れた。

 高校では日本語を学び、モンゴル相撲でウランバートルのチャンピオンになって、教師たちからは「横綱」と呼ばれた。夢をかなえるため、2009年、奨学金を得て岩手大人文社会科学部に留学した。

 4年間、モンゴルの文化を日…

この記事は有料記事です。残り541文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。