東海道新幹線、始発から折り返し運転 東京―三島と名古屋―新大阪

[PR]

 JR東海は24日、台風15号による大雨の影響で、東海道新幹線は始発から正午ごろまで、東京―三島間と名古屋―新大阪間で折り返し運転を行うと発表した。山陽新幹線との直通運転は取りやめる。

 また、同社によると、24日正午ごろまでは「のぞみ」と「ひかり」はすべて運休。三島―名古屋以外の区間では、「こだま」は1時間に1~2本程度を運行するという。

 東海道新幹線は23日夜の時点で東京―新大阪間の運転中止を発表していた。天候が回復し、安全の確認が取れ次第、山陽新幹線との直通運行と三島―名古屋間の運転を順次再開するという。

 23日夜、運転中止となった新幹線の乗客の一部は、東京駅のホームにJR東海が用意した新幹線の「列車ホテル」で体を休めた。