「世界中のマニアが驚く」 ビートルズ日本公演「幻」のフィルム開示

有料記事

田中恭太
[PR]

 ビートルズの1966年の日本公演。警視庁が警備の様子を撮影した「幻」のフィルムが56年の時を経て開示された。研究家が「世界中のビートルマニアが驚く歴史的な映像」という、その内容は――。田中恭太

 映像は、ビートルズが来日した66年6月29日~7月3日に撮影された。

 国内外で熱狂的な人気を誇り、日本武道館の会場使用をめぐって反対論も起きたビートルズの来日にあたっては、「国賓級」の警備態勢が敷かれたとされる。

 警備の様子を記録した映像は警視庁で長年保管され、2014年にその存在が報道された。

 一部は16年公開のドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK(エイトデイズアウィーク)」にも提供された。

 今回開示された映像は、全部で35分40秒あった。白黒で音声はない。

 「ザ ビートルズ来日に伴う警備 警備課機動隊」。映像は手書きのタイトルで始まる。

専門家が「歴史的な意義がある」と評する「幻」のフィルム。記事後半では動画の一部をご覧いただけます。

武道館最終公演のシーンも

 警備会議や、会場や空港周辺…

この記事は有料記事です。残り1572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。