米中外相、緊迫の台湾めぐりNYでぶつけた主張 首脳会談の見通しは

有料記事

ニューヨーク=下司佳代子、北京=高田正幸
[PR]

 米国のブリンケン国務長官と中国の王毅(ワンイー)国務委員兼外相は23日、国連総会が開かれているニューヨークで会談した。緊張が高まる台湾情勢をめぐっては、双方が主張をぶつけ合う展開となり、歩み寄りは見られなかった。ただ、ともに両国関係の安定化には意欲を示しており、対話を継続する方針では一致した。

 米中高官の会談は、ペロシ米下院議長が8月に訪台し、中国軍が対抗して台湾周辺で大規模な軍事演習を実施して以来、初めてとみられる。米高官によると、両者は中国の国連代表部で約90分間会談した。

 米高官によると、ブリンケン氏は台湾周辺での中国の軍事活動の拡大などを念頭に、「一方的な現状変更には反対する」との考えを伝えた。台湾海峡の平和と安定が、地域と世界の安全や繁栄に重要であることなどを強調した。

 米高官は「中国が現状を変え…

この記事は有料記事です。残り678文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。