「気持ち届けられた」 中標津小・丸山小が全国初出場、道合唱コン

有料記事

松田昌也
[PR]

 第73回北海道合唱コンクール(全日本合唱連盟道支部、朝日新聞社など主催)の小学校部門が24日、北広島市芸術文化ホールで開かれ、6団体が出場した。中標津町立中標津小・丸山小合唱部と、札幌市月寒東小・月寒小合唱団が金賞を獲得し、このうち中標津小・丸山小が11月に大阪府堺市で開かれる全国大会への初出場を決めた。

 中標津小・丸山小は学区が隣同士。自由曲「いる」(作詩・谷川俊太郎、作曲・大熊崇子)を、豊かな声量で音のバランスもよく歌い上げた。丸山小部長の川野柚(ゆず)さん(6年)は「今までの成果を披露できた」、中標津小部長の町中千里(せんり)さん(同)は「お客さんに自分たちの気持ちを届けられた」と振り返った。

 指揮者の近藤仁美教諭(59…

この記事は有料記事です。残り469文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。