知床で発見の遺体、沈没したカズワン船長と判明 DNA型鑑定で確認

[PR]

 北海道・知床半島沖で4月に観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没した事故で、第1管区海上保安本部(北海道小樽市)は24日、DNA型鑑定の結果、カズワンの豊田徳幸船長(54)=北海道斜里町=の遺体が確認されたと発表した。これで乗員・乗客計26人のうち19人の死亡が確認され、行方不明者は7人となった。

 遺体は、行方不明者を捜索していたボランティアらが今月17日、知床半島の先端近くにある入り江で発見した。DNA型鑑定を行っていた北海道警から24日、1管に結果連絡があった。1管によると、船長の遺体の近くから別人のものとみられる骨も見つかり、鑑定が続いているという。