政治と宗教、スキャンダル…8期目背負った公明・山口代表の内憂外患

有料記事公明

小野太郎
[PR]

 余人をもって代え難い――。最高の部類の褒め言葉だろう。でも、8回目ともなれば? 公明党山口那津男代表(70)の8期14年目の代表生活が始まる。この夏、続投か退任かで揺れた。あらゆる思いをのみ込み、苦境の党を背負う。

 「難局を乗り越えていくため、党の結束の要として、これまでの蓄積した経験をリーダーシップのなかに込めて役割を果たしていきたい」

 代表選の告示が2日後に迫った9月13日、山口氏は定例記者会見で立候補すると表明した。立候補といっても公明では、この瞬間に山口体制の継続が事実上決まったことを意味する。

 「9月13日」は公明にとって特別な日だ。党創立者の池田大作創価学会名誉会長(94)が「大衆とともに」の立党精神につながる考えを示した日。そこから丸60年。山口氏はこの日に進退を表明すると決めていたことを打ち明け、続けた。「立候補するか、あるいは後進にバトンタッチするか。いろいろな選択肢があり、熟慮を重ねてきた」

 山口氏は野党に転落した直後の2009年9月に代表に就任。党の「顔」として8度の国政選挙に臨み、安倍晋三菅義偉岸田文雄の3氏の自民党総裁とともに連立政権を支え、ときに渡り合ってきた。

 13年におよぶ山口体制は安定感をもたらす半面、人事の硬直化を招いて組織活性化の妨げにもなっているとの不満が高まった。

「政治と宗教」問題 臨時国会に危機感

 世代交代は喫緊の課題で、7…

この記事は有料記事です。残り1978文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年9月25日23時35分 投稿
    【視点】

    世代交代しなければならないという意思はある。でも、できない。この状況は、自民党、公明党、共産党といった老舗政党、あるいは立憲民主党も直面している大きな課題です。 自民党は2010年に政権奪還して以降、再登板となった安倍晋三氏が長期政権