SDGs知って楽しむ 東京・有明で「GOOD LIFE フェア」

[PR]

 SDGs(持続可能な開発目標)を知って、体験して、楽しむ「GOOD LIFEフェア2022」(朝日新聞社主催、ウーマンズ企画協力)が25日まで東京都江東区有明の東京ビッグサイトで開催されている。

 食品や工芸、健康などをテーマに約300のブースが並び、こだわりの商品の紹介や販売、様々な体験コーナーもある。防災体験では、倒壊した家屋からの救出や日常から使えるロープワークに親子連れが挑戦。娘と訪れた島村愛さんは「やったことがないと本番で急にできない。こうした機会はありがたい」と話していた。

 キッチンカーエリアに有名ラーメン店「博多一風堂」も出店。人気の豚骨ラーメンを100%植物由来の素材で再現したラーメンを販売し、にぎわっていた。グルメや各地のクラフトビールが味わえるエリア、トークイベントもある。23日はさかなクンと朝日新聞の中山由美記者が、環境の変化にさらされる海や魚の危機について語り合い、さかなクンは「今日からできることがある」と自身で実行しているマイバック持参などを紹介した。

 25日が最終日で午前10時~午後5時。当日券1300円、高校生以下無料。詳細や参加登録は公式HP(https://goodlife-fair.jp/別ウインドウで開きます)で。