スーパーカブ1300台、聖地に集結 「うちのが一番可愛い」

山崎輝史
[PR]

 ホンダの小型バイク「スーパーカブ」のファンが集う「三重カブミーティング」が24日、三重県鈴鹿市山本町の椿大神社の駐車場であり、約1300台が集結した。ファンらは互いの愛車を見せ合い、交流を楽しんだ。

 3月に伊賀市で開いたミーティングに続き2回目。ホンダの鈴鹿製作所は元々、カブの増産のため1960年に開設された。地元のファンらでつくる実行委員会の代表、藤森樹さん(38)=伊賀市=は「鈴鹿の方から声を掛けられ、聖地で開催できた。地域の活性化につながれば」と言う。

 個性的なデザインのリアボックスを載せたものや、アニメのステッカーを大量に貼り付けた車体など、どのカブにもこだわりが詰まっている。高松市から来た松岡藍さん(30)は「多くのファンと話せて楽しい。参考にしたい装備もあるが、うちのカブが一番可愛い」と話した。(山崎輝史)