北朝鮮が弾道ミサイル発射 米空母参加の米韓演習を牽制か

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 韓国軍合同参謀本部によると、25日午前6時53分ごろ、北朝鮮西北部の平安北道の泰川(テチョン)周辺から、日本海に向けて短距離弾道ミサイル1発が発射された。米韓両軍は、飛行距離は約600キロ、高度は約60キロ、速度は約マッハ5と探知した。

 一方、日本の防衛省は、高度が約50キロで、通常の弾道軌道であれば約400キロ飛び、日本の排他的経済水域(EEZ)の外側である北朝鮮東側の沿岸に着弾したと推定される、と発表した。迎撃が難しい変則的な軌道だった可能性があるという。

 北朝鮮による弾道ミサイル発射は、6月5日に平壌郊外の順安(スナン)など4カ所から、日本海に向けて8発が発射されて以来。弾道ミサイルの発射は国連安保理決議違反になる。

 北朝鮮情勢をめぐっては、米海軍原子力空母ロナルド・レーガンが23日、韓国海軍の釜山基地に入港。日本海で近く行われる米韓両軍の連合演習に参加する予定で、北朝鮮が米韓のこうした動きに対抗するため、軍事的挑発行動に出る可能性があるとの見方が出ていた。

 韓国軍などは、北朝鮮海軍の潜水艦基地がある咸鏡南道新浦(ハムギョンナムドシンポ)の周辺でも、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射に向けた兆候をつかみ、警戒を続けている。

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)総書記は8日、国会にあたる最高人民会議で施政演説を行い、米国が北朝鮮の政権崩壊を狙っているとして「絶対に核を放棄することはできない」と強調。会議では、核兵器の使用条件や指揮統制などの法令が採択された。北朝鮮は今後も、核ミサイル開発のため、弾道ミサイルの発射を続けていくとみられる。(ソウル=鈴木拓也)