北朝鮮ミサイル、首相「断じて容認できない」 日本のEEZ外落下か

松山尚幹
[PR]

 浜田靖一防衛相は25日午前、北朝鮮が同日早朝に発射した弾道ミサイルについて、最高高度は約50キロ、飛距離は通常軌道の場合、400キロ程度飛んで北朝鮮の東側沿岸付近に落下したと発表した。落下地点は日本の排他的経済水域(EEZ)の外側とみられ、船舶などへの被害情報も入っていない。また、今回のミサイルは「変則軌道で飛翔(ひしょう)した可能性がある」と述べ、分析を続けるとした。

 防衛省内で記者団の取材に答えた。浜田氏は「昨今の北朝鮮による核・ミサイル関連技術の著しい発展は、我が国および地域の安全保障にとって看過できない」と非難した。政府として、北京の大使館ルートで北朝鮮に抗議したという。

 岸田文雄首相は同日午後、首相公邸で記者団に「国連の安保理決議に反するもので強く非難する」と述べた。「今年に入ってからも新型ICBM級を含め高い頻度で弾道ミサイルの発射が繰り返されている。我が国のみならず地域、国際社会の平和と安全に関わるものであり、断じて容認することはできない」とも語った。(松山尚幹)