カナダ・トルドー首相が安倍氏国葬を欠席 ハリケーン被害に対応

国葬

ニューヨーク=中井大助
[PR]

 カナダのトルドー首相は24日、安倍晋三元首相の国葬のための訪日を取りやめると発表した。同日、カナダ東部に上陸したハリケーン・フィオナが大きな被害をもたらしており、対応が必要なためという。

 フィオナは24日、カナダ東部ノバスコシア州に上陸し、大規模な停電などを起こした。トルドー氏は24日の会見で「何十万人も停電の被害を受け、道が流されたり、家が破壊されたりしているとの報告もある」と指摘。政府として被害を受けた人たちを支援する意向を表明し、「私は当然、日本の国葬を欠席する」とした。

 トルドー氏は21日に、安倍氏の国葬に出席すると正式に表明。声明では「安倍氏は、ひたむきで先見性のあるリーダーで、首相在任期間中にカナダと日本の関係をより近づけた」と高く評価していた。(ニューヨーク=中井大助