公開手配の男、札幌市内で発見・逮捕 特養施設の入所者殺人容疑

[PR]

 東京都北区特別養護老人ホームで入所者の高齢女性に暴行を加えて殺害したとして、警視庁は25日、この施設の職員菊池隆容疑者(50)を殺人容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。事件後に連絡が取れなくなっていたが、札幌市内で身柄を確保された。容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、菊池容疑者は今月15日深夜~16日未明、北区浮間2丁目の「浮間こひつじ園」で、入所者の山野辺陽子さん(92)に何らかの暴行を加えて殺害した疑いがある。山野辺さんは胸椎(きょうつい)と腕の骨が折れ、ひじが脱臼していたほか、顔から胸にかけてやけども負っていた。

 菊池容疑者は、16日午前7時過ぎに山野辺さんが頭から血を流した状態で見つかった時点で行方がわからなくなっていた。警視庁が足取りを確認したところ、同日中に岩手県に移動し、翌17日に盛岡駅(盛岡市)から新函館北斗駅(北海道北斗市)まで新幹線で向かう姿が確認されていた。

 同庁は菊池容疑者が北海道方面に逃亡を図ったとみて公開手配した上で行方を追っていたが、25日に札幌市内にいるところを発見したという。