コロナに負けず日本食の店舗数、最多更新の国 日本料理学校が開校へ

有料記事

バンコク=翁長忠雄
[PR]

 その味、ちょっと違う――。海外で日本食レストランに入ると、現地の人好みにアレンジされた味に戸惑うことが時々ある。そんな味を本物に近づけるため、日本料理の本格派料理人を養成し、オリジナルな日本食の裾野の広がりを目指す料理学校が、東南アジアで最も日本食レストランの多いタイで10月に開校する。

 学校は「The Food School Bangkok」。タイでホテルやレストラン業界の人材を養成する教育機関デュシタニ・カレッジとイタリアの国際料理学校ALMA、日本で辻調理師専門学校などを展開する「辻調グループ」が協力し、タイ料理、イタリア料理、日本料理のコースがある。10月に開校して年内は短期コースを実施し、来年1月から専門コースが始まるという。

 辻調グループによると、日本料理を学ぶコースは初級、中級、上級に分かれて各18人ずつ生徒を受け入れる。各級3カ月。講師を務めるのは辻調理師専門学校元教授の渡貫卓也さんと元助教授の毛利英二さん。

 渡貫さんによると、授業は午…

この記事は有料記事です。残り955文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。