「ばかと言われカッと」 特養ホーム入所者殺害容疑の男、札幌で逮捕

[PR]

 東京都北区特別養護老人ホームで入所者の高齢女性が殺害された事件で、警視庁は25日、殺人容疑で公開手配していたこの施設の職員、菊池隆容疑者(50)を逮捕し、発表した。菊池容疑者は容疑を認め、「(女性に)『ばか』などと言われてカッとなった」と供述しているという。

 捜査1課によると、菊池容疑者の逮捕容疑は今月15日深夜~16日未明、東京都北区浮間2丁目の「浮間こひつじ園」で、入所者の山野辺陽子さん(92)に暴行を加えて殺害したというもの。「山野辺さんの顔を殴ったり、髪の毛をつかんだりした」「反応がなくなったので、気付けのためにポットの湯をかけた」などと話しているという。

 菊池容疑者は事件直後から連絡が取れなかったが、25日午後1時ごろ、札幌市白石区マンションで「非常階段に不審な男がいる」との110番通報があり、駆けつけた北海道警の警察官が身柄を拘束した。現金約50万円と刃渡り約10センチのナイフなどを所持しており、「北海道で自殺したかった」と話したという。