自民党山梨県連の建物でトイレ焦げる 甲府、放火の疑いで捜査

[PR]

 26日午前6時すぎ、甲府市丸の内2丁目の自民党山梨県連が入る建物で、1階の男性トイレの床や壁の一部が焦げているのを警備員が見つけ、警備会社を通じて110番通報した。山梨県警は何者かが火のついた物を窓から投げ入れたとみて、放火未遂事件として捜査している。

 捜査1課によると、建物の警備システムが異常を示し、警備員が駆けつけて被害を確認した。事件当時は無人で、けが人はなかった。トイレの窓は開いていたとみられる。

 自民党山梨県連によると、この建物では27日にある安倍晋三元首相の国葬にあわせ、記帳台を設けることになっていた。記帳台は予定通り設けるという。