旧統一教会への解散命令「軽々しく請求できない」 文化庁が野党に

有料記事

[PR]

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に関する野党のヒアリングが26日、国会内で開かれた。宗教法人を所管する文化庁の担当者は、教団への解散命令について問われ、「現時点では解散命令を請求することは難しい」とする従来の見解を改めて示した。

 この日は、1997~98年に文化庁宗務課長を務めた前川喜平・元文科事務次官が出席。「(献金の強要などが)違法行為と認定されている民事訴訟をふまえれば、教団は解散命令の要件にあたる」と指摘した。

 これに対し、文化庁の担当者は、過去に解散命令が出た「オウム真理教」と「明覚寺」の2事例とは違い、教団の役職員に対する刑事罰が確定した例がないと説明。「裁判所が示した基準に照らすと難しい。我々としても軽々しく請求することは慎重に考えないといけない」と話した。

 前川氏は「(解散命令の請求…

この記事は有料記事です。残り167文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]