国葬で世論分断「安倍さんは望んでいたか」 違和感抱く自民党員も

有料記事国葬

渡辺洋介、長野佑介
[PR]

 安倍晋三元首相の国葬は報道各社の世論調査で反対が賛成を上回るなか、27日、日本武道館東京都千代田区)で実施当日を迎える。世論の分断をよそに、開催へと突き進んできた岸田政権。自民党員にも違和感を抱く人たちがいる。

 「国葬はもう時代遅れだということではないでしょうか」

 30年以上、自民党を支持してきたという神奈川県内の60代の女性党員はそう語る。

 憲政史上最長の8年8カ月にわたり政権を担った安倍氏を「存在感とリーダーシップがあった」と評価する。突然の死の衝撃もあり、当初は迷いなく「国葬は妥当」だと考えた。

 ところが、国葬を決めた法的…

この記事は有料記事です。残り876文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。