東大院入試で出題ミス、合否への影響はなし 採点時に出題者が気づく

有料記事

[PR]

 東京大学は26日、9月13日に行った大学院教育学研究科の入学試験で、問題に誤りがあったと発表した。受験者は8人で、全員を正答とした。合否への影響はないという。

 同大によると、出題ミスがあったのは総合教育科学専攻身体教育学コース(修士課程)の専門科目の筆記試験。採点時に出題者がミスに気づいたという。

 同大では、試験問題は複数の…

この記事は有料記事です。残り116文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。