為替介入、黒田総裁「適切だった」 金融緩和とは「矛盾しない」

有料記事

吉田貴司、徳島慎也
[PR]

 日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁は26日に記者会見し、円安を抑えるため政府・日銀が行った為替介入について、「過度な変動に対する必要な対応として実施され、適切だ」と評価した。一方で日銀は円安を促す金融緩和を続け、市場から為替介入との整合性を問う見方があることについて「(政府と日銀の政策は)相互補完的だと思っており、矛盾するとは思わない」と述べた。

 政府と日銀は22日夕、急速な円安を阻止するため、約24年ぶりにドル売り円買いの為替介入に踏み切った。黒田総裁の会見は介入後、初めて。

 円安は、利上げを進める米国と、日銀が金利を低く抑える日本との金利差拡大が一因にある。市場では円安に歯止めをかけるための為替介入と金融緩和の整合性を疑問視する声があることに関して、黒田氏は「為替介入と金融政策は目的も効果も違う」とし、「それが組み合わされてより適切な状況が生まれるのが、ポリシーミックス(政策協調)。相互補完的だと思っており、矛盾するとか、方向が違うとは思わない」と強調。コロナ禍からの経済の回復を下支えするため、金融緩和を続ける考えを改めて示した。

 足元の円安の動きについては…

この記事は有料記事です。残り169文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。