青と白の海岸線、映える「日本のエーゲ海」 ドローンで撮って潜った

有料記事

勝部真一
【動画】真っ青な海の先に白い岩が連なる白崎海岸は「日本のエーゲ海」と称される。周辺の海はダイビングスポットしても人気だ=勝部真一撮影
[PR]

 真っ青な海の先に白い岩が連なる海岸線が見えてきた。ドローンの高度を少し上げると、要塞(ようさい)を思わせる全景が広がった。

 「日本のエーゲ海」と称される白崎海岸(和歌山県由良町)。明治から昭和にかけてセメントの原料として石灰石の採掘が盛んに行われていて、戦争中は採石場の洞窟を利用して人間魚雷の基地も建設された。終戦後、採掘を再開したが、1972年に閉鎖された。

 周辺の海はスキューバダイビングのスポットも多く、97年に日本最大級のダイビングプールを備えた施設やキャンプ場などを設置した白崎海洋公園が開園した。

 公園の中央にあるクラブハウ…

この記事は有料記事です。残り509文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。