大量の土砂、流れる泥水…台風15号被害の静岡、600世帯が孤立

有料記事

中村純、小山裕一 床並浩一
[PR]

 台風15号による記録的な大雨の影響で、断水や浸水などの被害が相次いだ静岡県は26日、陸上自衛隊に災害派遣を要請した。静岡市清水区では約6万3千戸で断水が続き、静岡市と川根本町などで新たに計約600世帯の孤立が判明した。県がまとめる被害戸数などは拡大を続けており、全容はいまだに見通せない。

 ひしゃげた鉄の柱、施設全体に覆いかぶさるような流木や土砂、絶え間なく流れる泥水――。

 26日、台風で被災した静岡市清水区の山間にある興津川・取水口の現場を訪れると、市職員や民間業者ら約10人による懸命な除去作業が続けられていた。

 泥をかき出していた作業員は…

この記事は有料記事です。残り1484文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。