ロシア情報機関がウラジオストクの日本の領事を拘束 「法律犯した」

[PR]

 ロシア国営ノーボスチ通信によると、同国の情報機関である連邦保安局(FSB)は26日、在ウラジオストク日本総領事館の領事を拘束したと明らかにした。理由について具体的には触れておらず、「外交官の地位と相いれない行為」としている。

 FSBは領事の名前を「モトキ・タツノリ」とした。ノーボスチ通信はFSBが、領事が調べに「ロシアの法律を犯したこと」を認めるビデオ映像を持っているとしている。「望ましからぬ人物」として外交チャンネルを通じて日本に抗議を申し入れたとしている。