「地球防衛」の世界初実験 小惑星に探査機衝突、NASAが成功

有料記事

ワシントン=合田禄
[PR]

 将来、地球に衝突する可能性がある小惑星が確認された時に備え、米航空宇宙局(NASA)などは米国東部時間26日夜(日本時間27日朝)、地球から打ち上げた探査機を小惑星に衝突させることに成功した。今後、軌道が変わっていくかどうか調べる。SF映画さながらの実験で、このような試みは世界で初めてだ。

 地球から約1100万キロ離れた宇宙で、米国の探査機DART(重さ約570キロ)を直径約160メートルの小惑星「ディモルフォス」に衝突させた。NASAがライブ中継した探査機からの映像では、小惑星に近づいていき、衝突直前には地表が映し出された。その後、映像は途絶えた。

 この小惑星は、実際には地球…

この記事は有料記事です。残り116文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。