トイレ窓からスマホ差し入れ盗撮容疑 会社員を逮捕 同様被害10件

遠藤美波
[PR]

 アパートのトイレの窓からスマートフォンを差し入れて盗撮したとして、警視庁が会社員の男(26)=東京都江戸川区=を東京都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。男は「盗撮の欲求を満たしたかった」と容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、男は23日午後9時半ごろ、江戸川区中葛西のアパート1階で、外の通路から居室のトイレの窓を開けてスマホを差し入れ、中にいた住人の40代女性を動画で盗撮した疑いがある。女性が大声を出したため、同居する男性がその場で男を取り押さえ、葛西署に通報した。

 葛西署管内では、住宅のトイレや浴室の窓からスマホで盗撮される被害が今年2月以降、少なくとも10件確認されているという。(遠藤美波)