目隠しされ、連行された日本領事 外務省、ロシア駐日大使に厳重抗議

[PR]

 ロシアの情報機関である連邦保安局(FSB)が在ウラジオストク日本総領事館の領事を拘束した問題で、日本外務省の森健良事務次官は27日午前、ガルージン駐日ロシア大使を同省に呼び出し、厳重に抗議した。正式な謝罪と再発防止を求めるとともに「日本政府として相応の措置を講じる必要があると考えている」と伝えた。

 林芳正外相は同日午前、記者団の取材に応じた。26日夕にロシア側から領事館員が違法な情報収集活動を行ったことを理由に、「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」として国外退去を求める連絡があったと説明したうえで、「ロシア側が主張するような違法な活動を行ったという事実は全くない」と述べた。

 また、領事館員は目隠しをされ、両手と頭を押さえつけられた身動きの取れない状態で連行されるなど「威圧的な取り調べ」を受けたとし、「極めて遺憾で決して受けいれられない」と批判。ペルソナ・ノン・グラータの通告については「信じがたい行為であり、強く抗議する」と語った。

 松野博一官房長官は27日の記者会見で「領事館員の健康状態に問題はない」とし、28日までにロシアを出国する予定だと明かした。

 タス通信によると、FSBは「領事が公開が制限された情報を金銭報酬によって入手した」としている。ロシア外務省は26日、「領事の職務と相いれない行為をし、ロシアの安全保障に関わる利益を損なった」として、領事に48時間以内の国外退去を命じたことを明らかにした。在モスクワ日本大使館の公使参事官を呼び出し、厳重に抗議したとしている。