ロシア軍車両に丸腰で立ち向かった住民たち 占領の抑圧、映画に記録

有料記事

キーウ=野島淳
[PR]

 ロシアの占領地域で、ウクライナ住民の証言を集めるのは難しい。現地に行くのは危険を伴うし、住民に会えたとしても、本当のことを話せば、今度は住民自身が危険にさらされかねないからだ。

 占領側によって、ロシア領土になるかを問う住民投票が行われている南部ヘルソン州もその一つ。

 占領地域で何が起きているのか。それを知ろうと、同州から逃げ出した住民の証言を集めてドキュメンタリー映画を撮った監督がいる。

 エリザベータ・タタリノーバさん(42)だ。

 ヘルソンから逃れた人たちを…

この記事は有料記事です。残り1122文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。