「プーチン氏料理長」、受刑者に従軍呼びかけか 兵不足、釈放条件に

有料記事ウクライナ情勢

根本晃
[PR]

 「プーチン氏の料理長」の異名で知られるロシアの実業家エフゲニー・プリゴジン氏とみられる人物が、国内の受刑者に対し、釈放と引き換えにウクライナ侵攻に勧誘する動画がSNSで拡散されている。

 プリゴジン氏はロシアの民間軍事会社「ワグネル」の創設者。プーチン大統領が宣言した「部分的な動員」の背景には兵力不足が指摘されており、動画では補充を焦っている様子がうかがえる。

 プリゴジン氏は新興財閥(オリガルヒ)の一員。ソ連崩壊後の混乱期にホットドッグの販売から身を立て、外食産業で成功。プーチン氏と親密な関係を築いた。

 ワグネルはロシア軍の別動隊としてウクライナ侵攻に参加し、シリアやアフリカにも派遣されてきたとみられている。

 今月中旬からSNSで出回り…

この記事は有料記事です。残り679文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。