ダービー馬ウオッカと同期 18歳牝馬が最高齢出走の記録更新

有料記事

荻野好弘
[PR]

 地方競馬の名古屋競馬(愛知県弥富市)に所属する牝馬(ひんば)ヒカルアヤノヒメが18歳5カ月17日を迎えた9月27日、第4レース(ダート920メートル)に登場し、国内の最高齢出走記録を更新した。

 2004年4月10日生まれで人間なら60~70歳ぐらい。中央競馬で牝馬として64年ぶりに日本ダービーを勝ったウオッカや、牝馬で37年ぶりに有馬記念を制したダイワスカーレットの同期にあたる。

 地方競馬全国協会(NAR)によると、記録が残る1973年4月以降、ホッカイドウ競馬のクラベストダンサー(牝馬)が18年に18歳5カ月11日で出走したのが、これまでの最高齢。中央競馬では14歳の出走が最高という。

 前走まで通算308戦14勝。309戦目となったこの日のレースは好スタート。序盤は10頭中4番目につけたが、結果は8着だった。尾崎章生騎手は「ただ回ってくるだけでなく見せ場を作った」とたたえた。井上哲調教師は「無事に走って新記録を達成し、心からうれしい」と話した。20歳での出走を次の目標にして現役を続ける。

 ヒカルアヤノヒメは06年に…

この記事は有料記事です。残り413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。