岸田首相、豪印首相らと会談「安倍氏の遺志継ぎ」 弔問外交2日目

有料記事国葬

小木雄太
[PR]

 岸田文雄首相は27日、前日に続いて安倍晋三元首相の国葬に出席するため来日した海外要人と迎賓館東京都港区)で会談した。豪州のアルバニージー首相とは安全保障協力などを発展させていくことで一致。インドのモディ首相との会談では両国関係を強化していくことを確認した。

 首相はアルバニージー氏との会談で、「安倍元首相の遺志を継ぎ、『自由で開かれたインド太平洋(FOIP)』の実現に向け、日本と豪州の連携をより一層深化させていきたい」と述べた。アルバニージー氏は「日豪には共通利害が多くある。FOIPをともに拡大していきたい」と応じた。豪州からはアボット氏ら元首相3人も来日しており、会談後は4人で懇談した。

弔問外交 3日間で40首脳らと

 モディ首相との会談では、来…

この記事は有料記事です。残り361文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。