格安の空の旅は戻る? ピカチュウジェットを飛ばすLCCの答えは

有料記事

シンガポール=西村宏治
[PR]

 日本を含む世界中で新型コロナ規制が解除され、海外旅行に出る人が増えてきました。

 でも、航空運賃も値上がりしています。日本旅行が人気のシンガポールですが、コロナ前は往復5万~6万円が相場だった日本便のエコノミークラスは、軒並み10万円超に。シンガポールの人たちからも「高くて旅行に踏み切れない」と嘆く声が出ています。

 コロナ前に機内食はなし、荷物の預け入れは有料といった簡素なサービスの一方で、運賃を下げて顧客を集めてきたのが格安航空会社(LCC)です。空の旅を変える存在として世界中で参入が相次ぎましたが、コロナ禍でLCCも多くが打撃を受けました。

 はたしてコロナ前のような「格安」の空の旅は戻ってくるのでしょうか。シンガポール航空グループのLCCで、9月に日本路線に「ピカチュウジェット」を投入したスクートのレスリー・トゥン最高経営責任者(CEO)に聞きました。

■旅行需要は「非常に力強く回…

この記事は有料記事です。残り2761文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。