賛成投票すれば「ソ連時代並みの年金」? ウクライナ住民が語る実態

有料記事ウクライナ情勢

キーウ=多鹿ちなみ
[PR]

 ウクライナでロシアが占領する東部や南部の4州で、親ロ派勢力が強行する「住民投票」が27日、終了した。ロシアへ編入するかを問うたもので、結果が発表されれば、プーチン大統領は近く、併合を一方的に宣言する見通しだ。

 その「住民投票」は、どう行われたのか。対象地域の住民が朝日新聞の取材に応じた。

「どうせ数字もでっちあげられる」諦める人々

 「投票すれば50万ルーブル(約120万円)もらえます」

 ヘルソン市の海運業の男性(…

この記事は有料記事です。残り1059文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
ウクライナ情勢 最新ニュース

ウクライナ情勢 最新ニュース

ロシアのウクライナ侵攻に関する最新のニュース、国際社会の動向、経済への影響などを、わかりやすくお伝えします。[記事一覧へ]