京都の「イノダコーヒ」が投資ファンドに株式譲渡 後継者不在のため

栗林史子
[PR]

 京都市の老舗コーヒー店「イノダコーヒ」は27日、投資ファンドのアント・キャピタル・パートナーズ(東京)が運営するファンドに株式を譲渡したと発表した。後継者不在のため、事業承継目的での譲渡だという。

 イノダコーヒは1940年創業で、京都を中心に9店舗を展開。レトロな雰囲気が観光客にも人気で、俳優の高倉健氏ら著名人にも愛された。

 イノダコーヒは「これからもお客様に愛され、地域に必要とされるお店作りを実現して参ります」、アント・キャピタルは「イノダコーヒの理念を継承しながら、更なる事業の成長と発展のサポートを積極的に行って参ります」とコメントを発表している。栗林史子