日本領事取り調べ映像、ロシア国営テレビでも放映 強硬姿勢を強調か

有料記事

[PR]

 ロシア外務省は26日、在ウラジオストク日本総領事館の領事が「領事の職務と相いれない行為をし、ロシアの安全保障に関わる利益を損なった」として、48時間以内の国外退去を命じたことを明らかにした。これに対し、林芳正外相は27日、「領事館員が違法な活動を行った事実は全くない」と反論。外務省の森健良事務次官は同日、ロシアのガルージン駐日大使を同省に呼び出し、厳重に抗議した。

 タス通信によると、ロシア連邦保安局(FSB)が26日、この領事の拘束を発表。「ロシアとアジア太平洋地域のある国との協力関係や、極東の経済状況に対する欧米の制裁の影響をめぐって、公開が制限された情報を金銭報酬を与えることによって入手した」と主張した。

 FSBは、領事がレストランとみられる場所で会話している場面や、取り調べで「ロシアの法律を犯したことを分かっているか」との質問に「いま分かりました」と答える場面のビデオ映像まで公開し、映像は27日の国営テレビでも放映された。ウクライナ侵攻を批判する国への強硬姿勢を国民に印象づける狙いもありそうだ。

目隠しされ、両手と頭を押さえつけられた状態で連行

 ロシアのウクライナ侵攻後…

この記事は有料記事です。残り696文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。