おひざ元でも国葬には賛否 山口・下関を記者が歩く 10月に県民葬

有料記事国葬

前田健汰
[PR]

 戦後2例目の国葬が行われた27日、安倍晋三元首相の選挙区である衆院4区の中心地、山口県下関市を記者が歩いた。

 灰色の空に覆われて降り続いた小雨は昼頃にやみ、午後は晴れ間の差す時間帯もあった。

 JR下関駅近くを通りがかった女性(62)は20年来の支援者という。「午前中は安倍さんの涙雨、午後はお疲れ様の晴れということなのかな」と空を見上げて手を合わせた。

 下関市役所は雨があがるのを待って、午後1時に弔意を表すための半旗を掲げた。市役所を出て旗に一礼したのは50代の男性職員だった。「市や山口県のため、日本のために長く政治家として活動されてきた。素直に感謝を伝えた」

 市役所の近くでは「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動しものせき」のメンバーを中心に約60人が国葬反対を訴えていた。

 「コロナ対策やアベノマスクなど変なことが多かったのに目をそらしている」と参加していた市内の有田絢子さん(84)は批判する。「地元に何かしてもらった感覚はない。下関は安倍さんの味方が多く、批判的なことを言えない雰囲気が強かった」と話した。

 国葬の始まった午後2時、下…

この記事は有料記事です。残り636文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。