党や政府、軍の幹部がずらり 習氏が自らの10年誇る展覧会を視察

有料記事

北京=高田正幸
[PR]

 中国の習近平(シーチンピン)国家主席は27日、「新時代への邁進(まいしん)」と題する展覧会場を視察した。習指導部が発足して以来の10年間の成果を誇る展示内容で、10月16日に開幕する共産党大会を前に、習氏が自らの手腕を誇示する狙いがあるとみられる。

 中国国営中央テレビが27日夜に伝えた。

 習氏は視察で、指導部が「政治、経済、イデオロギーや自然界がもたらした試練に耐え、歴史的業績を収めた」と強調。自らが掲げてきた「社会主義現代化強国」の実現目標や政治理念の「中国の特色ある社会主義」について「新たな一章を記し、新たな勝利を奪取しなくてはいけない」と語り、さらに取り組みを進めるべきだと訴えた。

 視察には、党最高指導部の政…

この記事は有料記事です。残り305文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。