封書に重鎮県議の名「出席しないと角立つ」 広がった教団側との接点

有料記事

[PR]

 岐阜の中堅自民県議のもとに今春、一通の封書が届いた。

 「安保岐阜県大会」。シンポジウムの案内状だった。ロシアのウクライナ侵攻に触れながら、「『混迷する世界 日本の行くべき道』と題し開催します」などと記されていた。

 実行委員長は自民の重鎮県議だった。それを見て、「行ったほうがいいな」と考えた。

 5月下旬。岐阜市内のホールには100人ほどが入っていた。終盤、壇上に招かれ、額入りの「平和大使任命状」を渡された。事前の打診はなく、面識のないスタッフから「任命するので任命式で受け取ってください」と当日に言われた。「『何ですかこれ』とも聞きづらく、すべき活動もないと言われ、まあいいかと思った」

「自分はある意味で被害者」「勉強になる面もあり」

 同僚から、「世界平和統一家…

この記事は有料記事です。残り2532文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]