株売却の「イノダコーヒ」 ファンドから役員受け入れ 営業は継続

有料記事

栗林史子
[PR]

 京都市の老舗コーヒー店「イノダコーヒ」は27日、投資ファンドのアント・キャピタル・パートナーズ(東京)が運営するファンドに株式を譲渡したと発表した。後継者不在のため、事業承継目的での譲渡だとしている。

 イノダコーヒは1940年創業で、京都を中心に9店舗を展開している。レトロな雰囲気が観光客にも人気で、俳優の高倉健氏ら著名人にも愛された。

 イノダコーヒの発行済み株式の過半数を持つ創業家が、全株式をアント・キャピタルに譲渡したという。買収額などは非公表。株式譲渡後も、店舗などはこれまでどおり維持する方針だ。イノダコーヒの前田利宜社長は続投するが、アント・キャピタルが社外取締役4人を派遣し、経営体制を強化する。

 アント・キャピタルは国内フ…

この記事は有料記事です。残り212文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。